女性

セントラル浄水器を導入すれば毎日綺麗な水を飲める

慌てずに業者へ依頼しよう

作業員

止水栓の場所を確認しよう

水回り修理が必要な場所に浴室、キッチン、トイレがあります。10年以上使用していると始めに気になるのが水漏れです。蛇口一つとってもパイプの付け根やハンドルの下から水漏れしたり、しっかり閉めても蛇口から流れが止まらないことがあります。自分で水回り修理の確認するためには止水栓を止める必要があります。これを忘れるとネジを誤って緩めたとき、家屋に置きな影響を与えてしまいます。パッキンの交換をすることで回復することが多いですが、まずは止水栓を止めて無理をせず業者に依頼するとよいでしょう。浴室の場合、水回り修理が多い場所に混合栓があります。水漏れは蛇口だけでなくシャワーからも漏れだし、湯と水の切り替えがスムーズにいかなくなることがあります。この場合、混合栓そのものを交換した方が節水機能が高まり、ガス代節約にも繋がります。給湯器と併せて見直しをすると経済的になります。トイレの水回り修理はさまざまな要素が考えられます。レバーを引くとタンクの水が便器に流れるよう、ゴムフロートという蓋が付いていますが、これが劣化して水の流れが止まらないことがあります。また、内部にある浮き球の動きに合わせてボールタップが水を出したり止めたりしますが、この部分が故障することで水が上手に流れなくなることがあります。トイレにも壁とパイプが繋がっている所にドライバーで動かすことのできる止水栓が付いています。止水栓を止め、過度にレバーを動かして便器から水を溢れさせないよう気を付けて業者を待ちましょう。